合同説明会の有益な参加の仕方

大学生が就職活動を始めるにあたり、おそらく初期のころに参加するのが合同説明会でしょう。

合同説明会とは、大きな会場の中にいくつもの企業のブースがならび、学生はそのブースを順に回ることで一度の説明会の参加で複数の企業の情報を得ることができるというものです。
また企業側にとっても、イベント主催側が大規模に学生の集客を行ってくれるので、多くの学生を集客する時間的または金銭的コストを削減することができるため、学生側そして企業側の双方にとってもメリットがあるといえます。


しかし、最近では合同説明会への参加はあまり意味がないなどと言われることも多いです。

なぜなら、合同説明会で聞くことのできる話はオフィシャルで対外的なもので、実際の企業の内情を知ることができないからです。



しかしそれは多くの学生が参加する説明会で、他の学生と同じ動きをしているからです。
他の学生と同じ動きをしていてはいわゆるその他大勢になってしまい、企業側からも印象に残らない学生となってしまいます。



合同説明会では、志望企業の説明会に参加した後にその企業の説明をした人すなわちおそらくは人事担当と接触することで説明会への本当の意義が持てるでしょう。



説明会に参k加したのち、人事に話しかけ説明会の話に対しての質問や企業に対しての質問をぶつけることで話をはじめ、失礼にあたらない程度に他にも説明会では聞くことができなかった話を聞くことで企業の本当の情報が得られるのです。

MENU